2017年1月22日日曜日

市松模様をモードに可愛く着る。



ファンタジックなトキメキを感じながらも
リアルクローズで日常的に着られるお着物を提案する、
MarMuってそんなブランドでありたい、ファッションとしてのお着物でありたい。

もちろん特別な日に着て頂くお着物としてのポテンシャルだって持たせたい♡





美しくて見ているだけでうっとりする、アートピース的なお着物も存在する。
着ていると楽しくなるような、日常の延長にある着る物としてのお着物も存在する。
勿体無くてなかなか着れない、とかではなくて
いつでも羽織ったら自分が可愛くなれて、楽しい気持ちになれる衣服。
そういういつものお気に入りみたいな、そんな存在として
皆さんに届けられたらとっても幸せだなぁ〜と思いながら作っています。

洋服と変わらないように…というとちょっと大袈裟になってしまうかもしれないけど
普段に着る際は、アクセサリーも着けるし、バックもいつものを合わせたりしています。


昨日は、新年会に市松のワンピースコーデで参加して来ました。
足元はロッキンホースバレリーナ、バッグはいつものBAOBAO。
着物コートにスミレの染め花のコサージュ、頭にはチュールのターバン。
お着物でも、お洋服の時と同じ様に自分らしさや好きなテイストをMIXしています。

お着物として素敵だとしても、老けて見えちゃうモノ、太って見えちゃう柄などは
私は選ばない様にしています。少しでも、素敵な自分を演出したいので♡


衿は、こういうカタチの見え方が好きなので、これは練習あるのみで
衿のカタチが決まらないと、ウズウズしちゃいます・・・
衿元って、クールさや可愛さのアピールポイントでもあると思うし
お顔の側なので割と大事!と思ってる♡衿のカタチでキャラが決まるくらい。笑
お洋服だと、ギャザーとかフリルとか丸襟とか・・・好きだな♡

0 件のコメント:

コメントを投稿